Home » 顔の皮が粉状にめくれてしまい、まるで粉吹き芋のようです

顔の皮が粉状にめくれてしまい、まるで粉吹き芋のようです

ニキビは若さの特徴。新陳代謝が活発だからなどと母は慰めてくれようとするのですが、私の場合はそうとも言い切れないと思うのです。確かに友人たちの多くは、肌が脂っぽいからと、有名メーカーの脂とり紙をひっきりなしに使っていたりします。皮脂をたっぷり吸い取った脂取り紙をゴミ箱にすてながら、この無駄な脂を何か有効活用できないかと本気で思うなどと笑っています。でも、同じニキビ肌の私は、彼女たちとはまるで違います。私の肌は乾燥していて、顔の皮が粉状にめくれてしまい、まるで粉吹き芋のようです。ニキビのせいで肌が荒れているのか、乾燥で肌が荒れているのかちょっとどちらかわからないくらいです。

思春期のニキビ対策商品と言えば、肌の汚れや余計な脂分を取り除くものばかり。私がそんなものを使ったら、きっと肌はもっと悪化して、想像するのも恐ろしいです。でも、この乾燥をなんとかしようと母の使っている保湿クリームなどを使えば、ニキビに良くないのではないかと素人ながら思います。
(参考:大人ニキビの原因としてダニの存在が見え隠れしている

kizu_013皮膚科でもらったクリームはべとべとするので少しは保湿に効きそうですが、べとべとは保湿以上に髪の毛や寝具について、日常生活に支障をきたす勢いです。そして肝心なニキビには効きませんし。

ビタミン剤やニキビに効くと言う漢方薬なども試してはいるのですが、どれも私にはさほど効果は見られず、雑誌などでニキビ改善に関する広告を目にすると試してみたくなりいつも親に頼んで取り寄せてもらうのですが、どれもまるで効果がないので最近は気持ちまでブルーになってきてしまいました。顔を隠すためにマスクをつけっぱなしで外出していますし、髪型も顔を隠すために結べなくなりました。そんなことでは逆効果。よくなるものもならないよと姉にも注意されるのですが、ニキビ肌を脱した姉には私の気持ちはわからないと思います。

こんな手の付けられないニキビから、救ってくれるものは何かないでしょうか。